HOME Introduction Research Other

Research > Attainments > Presentation

PRESENTATIONS


蔦谷匠. ヒトの生態学における安定同位体分析の応用: 食性・出自・時代変化. In: 自由集会「ヒトの生態学: 普遍性と多様性の理解にむけて」 第64回日本生態学会大会, 東京都新宿区, 2017年3月15日.

Tsutaya T. Ecology and conservation of orangutans: a review of current status and introduction of researches in Danum Valley. UMS-TUFS Exchange Lecture, Sabah, Malaysia, March 9, 2017.

Tsutaya T. Reconstruction of breastfeeding and weaning practices in archaeological human populations and extant great apes using stable isotope analysis. 9th HOPE Meeting, Tokyo, Japan, February 27, 2017.

Tsutaya T. Isotopic evidence of chronological changes in animal resource use in the Hamanaka-2 population from Zoku-Jomon to Okhotsk periods. Core-to-Core Workshop, Gotland, Sweden, January 16, 2017.

Tsutaya T. Comparison of weaning ages in premodern Britain and Japan: evidence from stable isotope analyses. Core-to-Core Workshop of Physical Anthropology, Oxford, UK, January 13, 2017.

蔦谷匠, 柿沼由佳理, 近藤修, 米田穣. 江戸時代の乳幼児における鉛汚染は授乳時の白粉の摂取が原因なのか? 第70回日本人類学会大会, 新潟県新潟市, 2016年10月9日.

蔦谷匠, 米田穣. オホーツク文化の同位体生態学. In: シンポジウム「オホーツク文化集団の動物資源利用に関する学際的調査・研究」 第70回日本人類学会大会, 新潟県新潟市, 2016年10月8日.

Tsutaya T, Miyamoto H, Inahara A, Nagaoka T, Abe M, Yoneda M. Reconstruction of diet and agricultural practices using multi-isotope analyses of multi-tissues. 8th World Archaeological Congress, Kyoto, Japan, September 2, 2016.

Tsutaya T, Miyamoto H, Inahara A, Nagaoka T, Abe M, Yoneda M. Reconstruction of breastfeeding and weaning practices using stable isotope analysis of tooth. 8th World Archaeological Congress, Kyoto, Japan, August 30, 2016.

蔦谷匠. 安定同位体分析の応用—わかることとわからないこと—. 日本人類学会・人類進化分科会第36回シンポジウム「フィールドサイエンスにおける分析科学の応用: DNA、ホルモン、同位体」 京都市左京区, 2016年6月18日.

蔦谷匠. サンプル採取における注意事項—法規と倫理—. 日本人類学会・人類進化分科会第36回シンポジウム「フィールドサイエンスにおける分析科学の応用: DNA、ホルモン、同位体」 京都市左京区, 2016年6月18日.

Tsutaya T. Isotopic studies on the Okhotsk culture. JSPS Core-to-Core Physical Anthropology, Uppsala, Sweden, January 15, 2016.

Tsutaya T. From cradles to graves: Reconstruction of one individual's life using multi-isotope analysis. JSPS Core-to-Core Physical Anthropology, Oxford, UK, January 11, 2016.

蔦谷匠, 下見光奈, 藤澤珠織, 片山一道, 米田穣. 縄文時代の離乳年齢: 吉胡貝塚より出土した小児骨の炭素・窒素同位体分析. 第69回日本日本人類学会大会, 東京都江東区, 2015年11月11日.

蔦谷匠, 米田穣. ベイズ法を用いた安定同位体比の解釈. In: 骨考古学分科会シンポジウム「一歩進んだ遺跡出土動物骨の分析から人類史を読み解く」 第68日本人類学会, 静岡県浜松市, 2014年11月3日.

蔦谷匠. 過去1万年間における離乳後小児の食性: 炭素同位体分析データのメタ解析. 第29回日本母乳哺育学会・学術集会, 神奈川県横浜市, 2014年10月12日.

蔦谷匠, 橋本千絵, 米田穣. 炭素・窒素同位体分析によるウガンダ・Kalinzu森林の霊長類の食生態復元. 第30回日本霊長類学会大会, 大阪府吹田市, 2014年7月5日.

蔦谷匠. 同位体および微量元素を用いたヒトと霊長類の離乳年齢の推定. 日本人類学会・人類進化分科会第32回シンポジウム「人類進化における母乳哺育」, 東京都文京区, 2014年6月7日.

Tsutaya T. Meta-analysis on infant feeding practice after weaning in archeological populations in the Holocene using carbon isotopic data. 18th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Science, Chiba, Japan, May 15, 2014.

Tsutaya T. Stable isotope analysis of feeding ecology in the Okhotsk culture. Baikal-Hokkaido Archaeology Project, Alberta, Canada, May 6, 2014.

Tsutaya T. Population dynamics in the Okhotsk culture: stable isotope analysis on weaning ages. JSPS Core-to-Core Physical Anthropology, Hokkaido, Japan, January 11, 2014.

Tsutaya T. Stable isotope analysis on human and dog diets in the Okhotsk culture. JSPS Core-to-Core workshop, Aberdeen, UK, December 3, 2013.

蔦谷匠, 長岡朋人, 安部みき子, 米田穣. 多元素同位体分析で探る江戸時代家老親族女性の離乳・食性・埋葬. 第67回日本日本人類学会大会, 茨城県つくば市, 2013年11月2日.

蔦谷匠. 過去1万年間における離乳年齢: 窒素同位体分析データのメタ解析. 第28回日本母乳哺育学会・学術集会, 長野県佐久市, 2013年9月15日.

蔦谷匠, 近藤裕治, 山本光陽, 米田穣. 炭素・窒素同位体分析による飼育下チンパンジーの食性・授乳習慣復元. 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 岡山県岡山市, 2013年9月7日.

蔦谷匠. 安定同位体・微量元素を用いた哺乳類の離乳年齢の推定. In: ミニシンポジウム「希少哺乳類の繁殖に関する共同研究の実践を目指して~動物園・実験室・野生をつなぐ~」第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 岡山県岡山市, 2013年9月6日.

蔦谷匠, 米田穣. R言語を利用した同位体データ解析手法の開発: δ15N による離乳年齢推定. 第3回同位体環境学シンポジウム, 京都府北区, 2013年2月18日.

蔦谷匠, 近藤裕治, 山本光陽, 米田穣. 炭素・窒素同位体分析を利用した飼育条件下チンパンジーの食性復元. 第15回アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い, 北海道札幌市, 2012年11月17日.

蔦谷匠, 長岡朋人, 澤田純明, 平田和明, 米田穣. 江戸時代一橋高校遺跡における成人・小児の安定同位体分析を用いた食性復元. 第66回日本人類学会大会, 神奈川県横浜市, 2012年11月3日.

蔦谷匠. ヒトの生活史と子育て・古人骨集団の人口構造復元. 第2回「本物の」学際研究会, 東京都文京区, 2012年10月13日.

蔦谷匠, 米田穣. 乳幼児の窒素同位体比に基づく先史時代の授乳・離乳習慣. 日本考古学協会第78回総会, 東京都品川区, 2012年5月27日.

蔦谷匠. 同位体分析から探る子供の離乳と生活史の進化. 第12回人類学研究交流会, 茨城県つくば市, 2012年3月23日.

蔦谷匠, 米田穣. 窒素同位体分析を利用したヒト集団と大型類人猿の離乳年齢の推定. 第14回アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い, 熊本県熊本市, 2011年11月12-13日.

蔦谷匠, 米田穣. 乳幼児・子供骨におけるストロンチウム 90 の取り込みと置換. 第65回日本人類学会大会, 沖縄県那覇市, 2011年11月4-6日.

蔦谷匠, 久保麦野, 市石博, 米田穣. 東京大学総合研究博物館の常設展示を用いた、人類学教育普及活動の試み. 第65回日本人類学会大会, 沖縄県那覇市, 2011年11月4-6日.

Tsutaya T, Shimomi A, Mukai H, Nagaoka T, Sawada J, Hirata K, Yoneda M. A model for estimating weaning ages in archaeological populations using nitrogen isotopes and bone turnover rates. 23rd annual meetings of the Human Behavior and Evolution Society, Montpellier, France, June 29–July 3, 2011.

蔦谷匠, 下見光奈, 平田和明, 長岡朋人, 向井人史, 米田穣. Fallout Sr90を利用した乳幼児骨置換速度の推定: 窒素同位体分析による授乳習慣復元への応用. 2009 年質量分析学会同位体比部会, 神奈川県足柄下郡, 2009年12月2-4日.

蔦谷匠, 百々幸雄, 石田肇, 向井人史, 澤田純明, 米田穣. 同位体分析を利用した先史北海道の授乳習慣の復元. 第64回日本人類学会大会, 東京都千代田区, 2009年10月3-4日.

Yoneda M, Tsutaya T. Origin of weaning food in the evolution of human life history. 11th Japan-America Frontier of Science Symposium, Irvine, California, USA., December 5–7, 2008.

蔦谷匠, 下見光奈, 向井人史, 平田和明, 長岡朋人, 米田穣. 同位体分析と新たな解析方法による授乳習慣の復元. 第62 回日本人類学会大会, 愛知県名古屋市, 2008年11月1-2日.

蔦谷匠, 下見光奈, 向井人史, 平田和明, 長岡朋人, 米田穣. 古人骨の同位体分析と新たな解析方法による授乳習慣の復元. 東京大学生命科学研究系ネットワークシンポジウム 2008, 東京都文京区, 2008年9月23日.



HOME
HOME


Introduction
Introduction


Research
Research


Other
Other